女性用媚薬をセックスで使うと、よりホルモンが分泌されます。

女性用媚薬の効果

女性がセックスを楽しむためには女性用媚薬を使用するのも効果的です。
通販で手軽に購入できて、タイプによっては男性にバレずに使うこともできます。
セックス嫌いの症状に合わせて適切な商品選びと用法を守りましょう。
女性用媚薬には、性的興奮をするためのホルモン分泌を促す効果と、局部を敏感にして感じやすくするタイプがあります。

 

 

女性用媚薬の種類

  • リキッド、液体タイプ(飲む媚薬)
  • クリーム、ローションタイプ(塗る媚薬)
  • 香水タイプ(主に男性が使用)

 

上記の3種類があります。

 

香水タイプ

男性側が女性にバレずに使うケースが多く、匂いによって興奮作用を促すので他の2種類に比べて効果は弱いです。
女性用媚薬を女性自身の意思で使うなら飲むタイプか塗るタイプがおすすめです。

 

飲むタイプ

食べ物や飲み物に混ぜて飲むタイプで男性が隠れて使う需要もあります。
マカ、ヨヒンベなど植物由来で性欲を高める効果のある成分を配合していて、セックス時に必要なホルモン分泌を促進します。
飲むタイミングは商品によって異なりますが、行為を行う15分から30分前に飲みます。
平均持続時間は2時間ほどです。

 

塗るタイプ

行為中に乳首や陰部に塗ることで敏感で感じやすくさせるものです。
前戯をしても気持ちよくなかったり、濡れにくい人にオススメです。
商品ごとに説明書をよく読んで用量・用法を守りましょう。

 

 

深く考えすぎない

媚薬のなかには口コミの評判が悪い商品もあって、AVで使っている媚薬の大半はただの砂糖水という話もあります。
女性がセックス嫌い克服のために使うのであれば、効果や口コミの情報はあまり見ないで深く考えないことが大切です。

 

媚薬にはプラシーボ効果という偽薬による改善効果が期待できます。
名前の通り、偽物の薬でも本物だと思いこんで使うことで治療効果を期待できるもので医学的にも証明されてます。つまり、半信半疑で使うよりも、これを使えばセックス嫌いを克服できると強く思って使用したほうが高い効果を得られます。

どの媚薬がいいのか悩む女性イメージ画像

 

媚薬には効果のないワケではなく、個人差もあって誰にでも100%の効果が出るとは限りません。
より高い効果を得るためには、不安な気持ちの少ない方が有利です。
安物を買うのではなくランキングサイトの上位で紹介されている売れ筋商品を選びましょう。
評判の良い商品を使うことでプラシーボ効果も高められます。

 

 

AVのような行き過ぎた効果はほとんどない

アダルト動画の媚薬物では、女性が白目を向いて痙攣する過激な作品もあります。
媚薬を使った結果、予想以上の効果が出て男性にドン引きされることを懸念することもありますが、こうした症状はAVならではのもので男優のテクニックも関係しています。
一般男子のテクニックではAVのような理性が崩壊するほどの効果はないので安心して使いましょう。

 

効果を感じなかった場合、使用量を増やしたり、複数の女性用媚薬を併用するのはNGです。
商品に満足できなければ他の評判が良い女性用媚薬に切り替えましょう。