セックスが苦痛な人は無理をせず少しずつ慣れていくことが大切です。

セックスの悩みは一人で悩んでいても解決はしない!

「セックスが苦手]
「相手に求められても答えられない」
「いつも痛くて苦痛でしかない」

 

そんな悩みを抱えている女性は少なからずいますし、悩んでいる人はあなたの思っている以上に不感症・無性欲・性嫌悪の苦痛を感じている女性は多いものです。
辛いセックスを少しでも楽にするために有効な方法をお教えします。
セックスが楽になればパートナーとより良い関係が築けるようになるかもしれません。

 

 

若い女性ほど多いセックスへの悩み

男性は10代後半にかけて性欲のピークを迎えるのに対して、女性は20代後半から30代前半にかけて性欲は向上していきます。つまり、若いカップルの場合は男女で性欲やセックスへの価値観にギャップの生じることは当たり前のことです。

多くのケースでは、10代同士で初体験を迎えるにあたって、男性は性欲によるもの。
女性は軽い好奇心程度に感じているものです。

男女ともに最初は痛いと感じることも多く、経験を重ねてセックスの気持ちよさを得られるようになります。

 

しかし、女性は男性以上に性器への痛みは敏感で最初のころに経験した嫌な思いがトラウマになって、ずっと引きずってしまう人もいます。

 

また、恋人のいない若者の比率が増加していて、初婚年齢の高齢化(晩婚化)や生涯未婚率の上昇は社会問題になっています。
最近では容姿や性格に問題のない人でも20代で童貞・処女というケースも多く、20代・30代でもセックス嫌いを克服できない女性が増えています。

噛み合ってないカップル

 

全ての若者がセックス経験の乏しくなっているワケではなく、スマホ普及の影響など情報が増えたことで初体験を小学生や中学生で迎える人も増えています。
セックスの開拓状況には格差が広がっていて、経験が豊富でセックス依存の強い人と、経験の乏しい人のマッチングも増えて性的なことを理由に男女関係がうまくいかないケースも目立っています。

 

 

無理をするのはNG

女性に対して男性の方が性欲は強くてセックスをするための情熱が高いです。
好きな人を相手にすると、

 

  • 欲求を満たしてあげたい
  • プライドを傷つけたくない
  • 自分も強がってしまう

 

などの理由で背伸びをしようとする女性も多いです。

 

無理をしてセックスをすると、痛かったり上手にできなくてトラウマになってしまいます。
セックス嫌いは経験によって解決できる事例もありますが、無理をせずに少しずつ階段を登っていきましょう。

 

 

準備ができていないなら思い切って断る

準備は気持ち的な問題肉体的なことがあります。
男女の関係になると、思いもよらないタイミングで男性から迫ってくることもあります。
好きな相手であれば、断ることでプライドを傷つけたり、失礼にあたって嫌われるという思いから、意を決して受け入れてしまう方もいます。
しかし、準備ができていないと緊張してうまくいかないリスクが高いです。
準備のできていないなら思い切って断る勇気も必要です。

 

困っている女性画像

ずっと断り続けるワケにもいかないですが、生理を理由にしたり次に会ったときにやる約束をするなど先延ばしにすれば準備をする期間を作れます。

 

心の準備ができていれば、突然の展開よりも緊張は解れてリラックスできますし、自己開発をするなど身体を慣らして痛みを感じにくくすることもできます。上手にセックスを断る方法はコチラをご覧ください。

 

 

1人で悩まずカミングアウトする

男性は経験豊富な女性よりも、あまり汚れていない清純な女性に好感するものです。
セックスが苦手、不安、経験が浅いといったことは、恥ずかしがらずにパートナーに伝えてみるのもひとつの手です。

 

男性は付き合ったら、すぐにセックスをするのが当たり前と考えていることも多いですし、過去の経験から嫌がる女性はいないと思い込んでいるケースもあります。
正直に話をしておくことで、男性からのアプローチも慎重になり、少しずつ様子を見ながら関係を発展させてくれます。

 

セックスを上手にできない理由のひとつは過度な緊張です。

緊張する女性

相手に嫌われたり幻滅されたらどうしようという不安を抱えているよりも、先にカミングアウトして不安を持っていることを相手に理解してもらった上でセックスを始める方が安心感を得られます。

 

伝えていない中でセックスをして上手にできないと、男性側は自分のテクニックに問題があるなどと責任を感じさせてしまったり、身体の相性が悪いとネガティブに捉えられます。
本当に好きで大切に思う相手だからこそ、嘘はつかずに正直に話をすることが解決への最短距離です。

 

 

トラウマや体質的な問題なら専門機関に相談する

  • 何度か挑戦してみたけど気持ちよくなれた経験のない場合
  • 前戯をしても全然濡れない
  • 過去のトラウマが関係している

 

こんなときはFSD(女性性機能障害)という疾患を抱えている可能性もあります。
セックス嫌いや濡れにくさが人一倍強いと感じたときは、専門機関(FSDに強い病院)に相談・受診してみることも効果的です。